セルフで白髪染めする際のポイント|タイプ別カラー剤の特徴

セルフで白髪染めをすると、美容院で染めてもらうよりもお金を節約しやすい、自分の好きなタイミングで染められるといったメリットがあります。ただ、「自宅で白髪染めをしたいけど、失敗しそうで心配……」と思う方も多いのではないでしょうか。そんなときは、事前に白髪染めの方法や成功のポイントを確認しておくと安心です。
今回は、セルフで白髪染めをするときに知っておきたいカラー剤の種類や、準備しておきたい道具、白髪染めのコツなどをご紹介します。自宅で白髪染めをしたい方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

セルフで白髪染めする際に便利なカラー剤のタイプ

白髪染めに使うカラー剤には、いくつもの種類があります。選び方がよくわからないという方も多いでしょう。
こちらでは、主なカラー剤の種類やそれぞれの特徴をご紹介します。

白髪用ヘアカラー

白髪用ヘアカラーは色持ちがよく、一度でしっかり染められることがメリットです。白髪染めの頻度を減らしたい場合は白髪用ヘアカラーがおすすめ。クリームや乳液、泡タイプなどの種類があるため、白髪の悩みに合わせて適したものを選びましょう。

クリームタイプ

クリームタイプのヘアカラーは垂れにくく、塗りたい場所にクリームを付けやすい点が特徴です。部分染めしやすいため、リタッチしたい方にもおすすめできます。飛び散りにくいため、服や部屋を汚しにくいことも魅力です。ただし、しっかりとしたテクスチャーである分、髪全体に伸ばすのは少々手間がかかることがあります。

シエロ ヘアカラークリーム

乳液タイプ

乳液タイプはクリームタイプよりもやわらかく伸びがよいため、髪全体に塗りやすいことが魅力です。髪の毛が長い人や全体的に染めたい人などは、クリームタイプよりも乳液タイプのほうが使いやすいでしょう。明るい色味が多く、髪全体のカラーを変えやすいことも特徴です。染めるときは液ダレに気をつけましょう。

泡タイプ

使い勝手がよく、初心者でも簡単に白髪を染めやすいタイプです。手の届きにくい後頭部にもムラなく塗ることができるため全体を染めたいときには特におすすめです。染めムラができないように、ヘアカラー剤を髪にしっかりもみこみましょう。

シエロ ムースカラー

ヘアマニキュア

髪の毛の表面をコーティングするタイプの白髪染めです。染料が髪の毛の表面と、やや内側に染まるため、髪にダメージを与えにくいことがメリットの一つ。ツヤを出しやすいことも魅力です。地肌に付着してしまうと色が落ちにくいため、染めるときには汚れ対策を徹底しましょう。また、元の髪よりも明るい色に染めることは難しいため、さまざまなカラーでおしゃれを楽しみたい場合はヘアカラータイプを検討することがおすすめです。

カラートリートメント

トリートメント成分が配合されており、パサつきなどをケアしながら染められるタイプです。シャンプーの後、カラートリートメントを塗り込むことで色をつけることができます。毎日の入浴で徐々に染めていくことができ、自然な仕上がりになりやすいことが大きなメリットです。ただし、一度で染めるのは難しく、使用をストップすれば色落ちしやすくなる点に留意しましょう。

シエロ カラートリートメント

1Dayタイプ

気になる部分にサッと塗るだけで、気軽に白髪を隠せるタイプです。お出かけ前や外出中など、急いで白髪を隠したいときにもおすすめ。シャンプーで洗い流すことで落とせるため、一時的に染めたいときに活用しましょう。

セルフで白髪染めをするときにあると便利な道具

自宅で白髪染め(白髪用ヘアカラー)をするときは、肌や服、部屋にヘアカラー剤が付かないように工夫することが大切です。また、ムラなく染めるために必要な道具も準備しておきましょう。ここでは、セルフ白髪染めに役立つアイテムをご紹介します。

前開きの服

ヘアカラーで白髪染めをする際は、髪にヘアカラー剤を塗布した後に洗い流す工程があります。スムーズに脱げるよう、前開きの服を着るとよいでしょう。
また、どんなに気をつけていてもヘアカラー剤が付着して汚れてしまうことはあります。汚れても問題ない服を用意しておくことがおすすめです。

化粧ケープかタオル

化粧ケープとは、服をカバーして汚れを防ぐためのアイテムです。服の上からすっぽりとかぶることで、ヘアカラー剤の飛び散りや液ダレなどを防ぎます。汚れてもよいタオルなどで代用することも可能です。

保護クリーム

カラーリングの際、何も対策していないと顔や耳などにヘアカラー剤が付き、着色してしまうことがあります。お肌がかぶれる原因になることもあるため、ヘアカラー剤が付かないように工夫することが大切です。保護クリームを用意し、事前に生え際に塗っておきましょう。

新聞紙等の敷物

床の素材によっては、ヘアカラー剤が落ちると汚れが染みついてしまう可能性があります。新聞紙等の敷物で覆って汚れを防ぎましょう。使わなくなったレジャーシートなどを活用することもおすすめです。

手袋

ヘアカラー剤で手や爪が染まらないよう、必ず手袋をしてから白髪染めをしましょう。ビニールタイプの使い捨て手袋が便利です。カラー剤と手袋がセットになっている製品もあります。

ヘアクリップ

白髪染めをする際は、髪の毛をブロッキングしておきます。ブロッキングとは、髪の毛をいくつかの束に分けて留めておくこと。ブロックに分けて根元から塗ることで、ムラなく染めやすくなります。必要な数のヘアクリップを準備しておきましょう。

コームやブラシ

髪全体にヘアカラー剤をなじませたり、部分的に塗ったりするために使用します。ヘアカラー剤が付くことになるため、汚れてもよいコームやブラシを用意しましょう。白髪染めの商品のなかには、コームやブラシがセットになっているものもあるため、ぜひ活用することがおすすめです。

セルフで白髪染めをするときのポイント

ヘアカラー剤を選び、必要な道具を準備できたら、実際に白髪を染めていきます。こちらではセルフで白髪染めをする際に重視したいポイントをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

髪をブロッキングして塗る

白髪染めをするときは、クリップを使って髪をブロッキングすることが大事です。髪の毛を前後や上下に分け、クリップで留めましょう。ブロッキングしておくことでヘアカラー剤を根元から塗りやすくなります。

髪の根元まで塗る

根元の部分は染めるのが難しく、気をつけていないと白髪が残ってしまうこともあります。分け目や顔周りなどの生え際に染め残しがあると目立ってしまうため、髪の根元までしっかりとヘアカラー剤を塗ることが大切です。基本的に、髪の根元から塗り始め、その次に毛先を塗る手順を守りましょう。

白髪染めをした後に髪と頭皮のケアをする

ヘアカラー剤を使用した後は、髪や頭皮がダメージを受けた状態になっています。適切なケアをしないままだと、髪のツヤ感がなくなったり、手触りが悪くなったりすることも。いつもより丁寧にお手入れすることを意識しましょう。シャンプーの後はヘアトリートメントやヘアオイルなどでダメージ補修することがおすすめです。ドライヤーをかけすぎると髪が乾燥しすぎてしまうため、事前にしっかりとタオルドライをして、熱によるダメージを最小限にとどめましょう。また、パーマのように髪に負担がかかることはしばらく避けることも大切です。

自分に合ったカラー剤でセルフでの白髪染めにチャレンジ!

セルフで白髪染めをするときに便利なカラー剤の種類や、準備しておきたい道具、白髪染めの際のポイントなどを解説しました。白髪染めには多くの種類があります。それぞれの特徴を比較して、自分に合うタイプを選ぶことが大切です。事前に必要なアイテムを揃えた上で、ご紹介したポイントにも気をつけながらセルフでの白髪染めに挑戦してみましょう。

シエロ

ロゴ:シエロ

シエロ 編集部

この監修者のHPはこちら

自分に合った商品を診断!

Way of selection

あなたのキレイをお手伝い!オススメ診断であなたにピッタリなシエロ商品を見つけてください。

診断をはじめる

この記事を読んだ人におすすめの商品

シエロ カラートリートメント 高密着ナノカラー処方採用!!“たった1回で驚きの染まり”

シエロ ヘアカラークリーム 気になる根元や生え際も混ぜないカンタンしっかり染まる

シエロ ムースカラー 簡単ワンプッシュで「全体染め」も「部分染め」も1本で対応!

ONLINE SHOP オンラインショップ

シエロは、下記のオンラインショップでも
お求めいただけます。