白髪対策はいつから?白髪を目立たせないヘアスタイルのポイント

年齢を重ねるにつれて、多くの人が気にするようになる白髪。白髪が生え始める時期は人によって差があるからこそ、一体いつから白髪対策を始めるべきなのかと迷っている方も多いのではないでしょうか。この記事では、白髪対策を始めるタイミングを解説します。また、白髪を目立たせないヘアスタイルのポイントもお伝えします。忙しくて白髪染めをする時間がないときに役立つ情報もご紹介するため、これから白髪対策を始めるならぜひ参考にしてみてください。

白髪の主な原因

そもそも、白髪はなぜ生えてくるのでしょうか。主な要因として「加齢」「ストレス」「生活習慣」「遺伝的な要因」などが挙げられます。

通常、黒髪は色素細胞から生成される「メラニン色素」によって色がつけられています。しかし、この色素細胞や、色素細胞そのものを作る「色素幹細胞」が何らかの原因によって機能しなくなると、髪の毛に色がつかずに白髪になってしまうのです。それぞれの要因と白髪の関係について、押さえておきましょう。

加齢による白髪

多くの場合、白髪は加齢にともない生じます。その理由は、年齢を重ねると色素細胞や色素幹細胞の働きが衰えていくためです。あくまでも個人差がありますが、一般的には35歳前後で白髪が生え始めるとされています。

ストレスによる白髪

強いストレスを受けると、交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまいます。これにより、色素幹細胞が減少して白髪が生じると考えられています。ストレスによって白髪が生じるメカニズムは詳細には解明されていないものの、健やかな美髪を保つためにもストレスを溜め込まないことが大切です。

生活習慣による白髪

日々の生活習慣によって、頭皮の血流や栄養状態が悪化すると、白髪や抜け毛への影響が懸念されます。たとえば、食生活での油分の摂りすぎや、食品から摂る栄養バランスの乱れなどに注意しましょう。健康的な髪を作る栄養素や、髪を黒くする栄養素が不足すると、白髪につながるおそれがあります。また、紫外線による頭皮や髪へのダメージは、白髪や薄毛といった老化の原因の一つとなります。紫外線が強い季節の外出など、屋外での過ごし方にも注意が必要です。

遺伝的な要因による白髪

まれに、遺伝的な要因によって先天的にメラニン色素を作れないことから白髪が生じるケースがあります。ただし、白髪になる遺伝子があるわけではなく、遺伝と白髪の関係は医学的に完全には証明されていません。

白髪対策を始めるタイミング

白髪が生え始める年齢は人によって違うため、白髪対策を始めるタイミングにはっきりとした決まりはありません。基本的には、ご自身の毛髪の状態に合わせて白髪対策を始めるのが望ましいでしょう。

ただし、白髪が生え始める平均年齢は男女ともに35歳が一つの目安です。あくまでも個人差があるものの、35~39歳になると7割近くの人に白髪が生じるというデータもあります。30代後半になると、多くの人が「白髪が気になる」と感じるようになります。いつから白髪対策を始めるべきか迷ったときは、30代後半から意識的に白髪対策をしてみてはいかがでしょうか。

【参考】:「白髪は何歳から生える?平均年齢は?男女差はある?

白髪対策のため日常生活で心掛けたい習慣

白髪対策のために、日常生活ではどんなことに気をつけて過ごせば良いのでしょうか。ここでは、日頃の生活で心掛けたい習慣を解説します。

バランスの取れた食生活

髪に良いとされる栄養素として、健康な髪を作るために必要な「タンパク質」「亜鉛」「ビタミン」、黒い髪色を作るために必要な「カルシウム」「銅」などが挙げられます。毎日の食事では栄養不足とならないよう、これらの栄養素を含む食品をバランス良く摂るよう意識しましょう。なお、それぞれの栄養素は以下の食品に含まれています。

*タンパク質…乳製品、肉類、魚介類、卵、大豆類など

*亜鉛…牡蠣、海藻類、レバー、赤身肉、ナッツ類など

*ビタミンB…レバー、豚肉、魚類など

*ビタミンE…卵黄、アーモンド、ウナギなど

*カルシウム…乳製品、小魚、海藻類、小松菜など

*銅…干しエビ、レバー、ほたるいか、桜えび、ナッツなど

外出時の紫外線対策

紫外線に当たると肌がダメージを受けて日焼けすることは広く知られていますが、頭皮や髪も紫外線に当たるとダメージを受けます。そのため、紫外線が強い時期の日中に屋外で過ごすときは、頭皮や髪を守る紫外線対策を行いましょう。日傘や帽子で日差しを防いだり、髪用の日焼け止めスプレーのようなアイテムを使ったりして、紫外線によるダメージを予防することが大切です。

ストレスをためない

ストレスは、憂鬱な気持ちや体のだるさなど、心身のさまざまな不調に繋がりますが、白髪とも関係があると考えられています。日常生活でストレスをなくすことは難しいかもしれませんが、できるだけ溜め込まないように工夫しましょう。イライラするときは、神経伝達ホルモンの「セロトニン」が不足していることがあります。ウォーキングやジョギングなどのリズム運動で体を動かしたり、15分を目安に日光を浴びたりすると、セロトニンが増えやすくなります。

白髪を目立たせないヘアスタイルのポイント

白髪にお悩みなら、市販の白髪染め用品を使って染める方法にプラスして、ヘアスタイルでカバーする方法があります。最後に、気になる白髪を目立たせないヘアスタイルのポイントをご紹介します。

帽子を活用する

白髪染め用品を使って染める時間がないときは、帽子をかぶって気になる白髪を隠してしまうのも一つの手です。忙しい朝の時短テクニックとしても効果的なため、ぜひお試しください。ショートヘアの方なら、そのまま帽子をかぶるだけでOKです。ロングヘアの方は、髪をまとめてから帽子をかぶっても良いでしょう。おしゃれな帽子スタイルに仕上げるなら、デザインに存在感のある帽子をチョイスするのがおすすめです。

白髪が目立たないヘアアレンジをする

一般的に白髪が目立ちやすいのは、分け目やつむじなどの部分です。そのため、白髪染め用品で染めた白髪が目立ち始めたと感じたときは、分け目が気になりにくい髪型を選んでカバーすると良いでしょう。たとえば、サイドの髪をふんわりとすくって分け目やつむじを自然と隠すヘアアレンジにすると、トップの白髪が気になりにくくなります。また、顔周りにスカーフを巻くヘアアレンジによって、分け目の白髪をカバーしながらトレンドのスタイルに仕上げるのもおすすめです。

白髪が気になり始めたら日常的な対策を始めましょう!

ここまで、白髪対策を始めるタイミングや、白髪を目立たせないヘアスタイルのポイントについてお伝えしました。白髪の主な要因の一つに「加齢」が挙げられ、35~39歳になると多くの人が白髪を気にするようになります。あくまでも個人差がありますが、一つの目安として30代後半には白髪対策に取り組み始めると良いでしょう。ご自身の髪の毛の状態を見て、適切なタイミングで白髪対策をスタートしてください。白髪が気になるときは、白髪染め用品を使って染めるのが一般的です。忙しいときはヘアスタイルの工夫で白髪をカバーする選択肢もあるため、上手に活用しましょう。

シエロ

ロゴ:シエロ

シエロ 編集部

この監修者のHPはこちら

自分に合った商品を診断!

Way of selection

あなたのキレイをお手伝い!オススメ診断であなたにピッタリなシエロ商品を見つけてください。

診断をはじめる

この記事を読んだ人におすすめの商品

シエロ カラートリートメント 高密着ナノカラー処方採用!!“たった1回で驚きの染まり”

シエロ ヘアカラークリーム 気になる根元や生え際も混ぜないカンタンしっかり染まる

シエロ ムースカラー 簡単ワンプッシュで「全体染め」も「部分染め」も1本で対応!

ONLINE SHOP オンラインショップ

シエロは、下記のオンラインショップでも
お求めいただけます。