美容院で白髪染めをする頻度はどのくらい?行けないときの対処法

「白髪染めできれいなヘアスタイルに仕上げたい」と思いつつ、忙しくてこまめに美容院へ行く時間が取れずお悩みではないでしょうか。
白髪を染めたいときは、美容院で白髪染めをする方法や、市販の白髪染め用品を使う方法があります。美容院へ足を運ぶと、プロである美容師に白髪染めをおまかせできる点で安心です。その一方で、白髪染め用品を使って自分で染める場合、白髪が気になり始めた好きなタイミングでご自宅で染められます。それぞれのメリットを押さえて、気になる白髪をカバーすると良いでしょう。
この記事では、美容院で白髪染めをする頻度や、忙しくて美容院に行けないときの対処法をご紹介します。必要に応じて市販の白髪染め用品を活用して、きれいな髪色をキープしましょう。

白髪染めを美容院で行う頻度

白髪染めを行う頻度は、年代によって違いがあります。多くの人に白髪が見られるようになる30代の場合、白髪染めの頻度は3カ月〜4カ月半に1回が目安です。ただし、白髪の量が多い方は、1カ月~2カ月に1回の頻度で白髪染めを行うと良いでしょう。

40代になると、1カ月半~2カ月に1回の頻度で白髪染めをする方が多くなってきます。50代では、さらに白髪が目立つようになってくるため、染める頻度は1カ月に1回が目安です。白髪の量が多い方は、伸びた白髪が目立ってきたタイミングで染めるようおすすめします。

なお、白髪染めによる髪へのダメージをできるだけ抑えたいときは、髪全体を染める「全体染め」と、白髪が目立つ部分だけを染める「部分染め」を使い分けるのも一つの手です。全体染めの間に部分染めを行うことで、髪全体へのダメージを減らしながら、きれいな髪色をキープできます。

美容院の主な白髪染めのメニュー

美容院で受けられる白髪染めのメニューには、いくつかの種類があります。ここでは、白髪染めのなかでも代表的な「ヘアカラー」と「ヘアマニキュア」について、それぞれの髪への効果や特長を解説します。

ヘアカラー(永久染毛剤)

白髪用ヘアカラーは、染毛と脱色を同時に行うことで、髪の内部までしっかりと染めるタイプのメニューです。気になる白髪を明るい色から暗い色まで幅広いカラーに染められます。ファッションのためにおしゃれな髪色に仕上げたいときにも向いています。ヘアカラーの効果が持続する期間の目安は約2~3カ月となっており、1回でしっかりと染まるのが特長です。白髪をきちんと染めてカバーしたい方や、明るい髪色に仕上げながら白髪も染めたい方、色持ちを重視する方などにおすすめします。

なお、白髪用ヘアカラーは市販の白髪染め用品を使ってご自宅で染める選択肢もあります。なかには髪色の種類が豊富な商品もあるため、まるで美容院で髪色を選ぶときのように、自分好みのカラーを探せるのが魅力です。ファッションカラーを楽しみたいなら、白髪染めの中でもおしゃれ染めのようにカラーバリエーションが豊富な商品を選びましょう。

ヘアマニキュア(半永久染毛料)

ヘアマニキュアは、髪の表面とやや内側を染めるタイプのメニューです。髪へのダメージを抑えながらも色合いをプラスして、髪にツヤを与える仕上がりが期待できます。髪の傷みが気になる方におすすめです。ただし、ヘアマニキュアの効果が持続する期間は、約3週間~1カ月とやや短めになります。ヘアカラーよりもこまめに染める必要があることを押さえておきましょう。また、ヘアマニキュアでは元の髪色よりも明るい色に染めることはできません。このほかにも、ヘアマニキュアは地肌に付いてしまった場合に色が落ちにくいという注意点もあります。

グレイヘア

最近では、あえて白髪を活かした「グレイヘア」のスタイルが注目されています。グレイヘアは、従来のように白髪を黒髪や茶髪に染めて隠すのではなく、自然なグレイに仕上げるのが特徴です。ただし、一般的に白髪を染める方が多いことから、グレイヘアに対応できる美容院はそれほど多くありません。白髪を活かしたスタイリングに興味がある方は、担当の美容師に相談して、提案してもらうと良いでしょう。

白髪染め後に色を長持ちさせるコツ

白髪染めをした髪をきれいに見せるには、日々のお手入れが欠かせません。髪色をキープするために、ぜひ以下のコツを参考にしてみてください。

トリートメントを活用する

白髪染め後は、キューティクルを保護して髪を摩擦から守るために、トリートメントを活用するようおすすめします。特に、アウトバスタイプの洗い流さないトリートメントは、キューティクルをケアする効果が高いのが特徴です。染めた後の傷つきやすい髪を集中的にケアしましょう。

シエロ カラーケアプログラム シャンプー&トリートメント

紫外線対策をする

ヘアカラーの色素は、紫外線の影響で変色する場合があります。紫外線による変色に特に注意したいのは、マット系やアッシュ系のカラーです。紫外線が強い時期の外出では、帽子や日傘などのUV対策を徹底して、白髪染めをしたきれいな髪色を守りましょう。

ヘアカラーをした直後にパーマをかけない

ヘアカラーをした直後にパーマをかけると、パーマの薬剤によって染めた色が落ちたり、変色したりするおそれがあります。きれいな髪色をキープして、髪や頭皮への負担を抑えるためにも、ヘアカラーの後は1週間以上の間隔をあけてからパーマをかけるようにお気をつけください。美容院でヘアカラー後にパーマをかけたいときは、まず美容師に相談するようおすすめします。

忙しくて美容院に行けないときの対処法

白髪が気になり始めたとき、その都度こまめに美容院で施術を受けられると理想的です。しかし、多くの人が白髪で悩む30代後半は、仕事や家庭の事情で忙しい方が多く、なかなか美容院へ足を運ぶのが難しいこともあるでしょう。美容院へ行くのが遅れると、しだいに生え際の白髪が目立ちやすくなってしまいます。そんなときは、市販の白髪染め用品を使ってセルフカラーを行う対処法がおすすめです。

自分で白髪を染めるセルフカラーは、都合の良いタイミングでいつでも白髪染めができるところが魅力です。市販の白髪染め用品はカラーバリエーションが豊富で、おしゃれな髪色を楽しみたい方からも選ばれています。自然な仕上がりになるナチュラル系はもちろん、ピンク系からアッシュ系まで豊富なカラーの選択肢があります。忙しくて美容院に行けないときは、次に美容院へ行くまでの期間にセルフカラーで白髪を染めてきれいな髪色をキープすると良いでしょう。

また、市販の白髪用ヘアカラー剤には、全体染めに適した乳液タイプ(液状タイプ)や泡タイプ(フォームタイプ)、部分染めに適したクリームタイプなどのさまざまな種類があります。髪の生え際や分け目のように、部分的な白髪が気になるときは、リタッチの際にセルフカラーで根元のみをポイントで染めることも可能です。伸びてきた白髪をこまめに美容院で染めるのが難しいなら、部分染めの白髪染め用品を上手に活用しましょう。

シエロ ヘアカラークリーム

美容院と併せて市販の白髪染め用品を活用しましょう!

ここまで、美容院で白髪染めをする頻度や、忙しくて美容院に行けないときの対処法をお伝えしました。一般的に、30代の方が美容院で白髪染めをする頻度は、3カ月〜4カ月半に1回が目安です。美容院ではヘアカラーやヘアマニキュアなどの白髪染めメニューが提供されており、美容師に白髪染めを全部おまかせできます。その一方で、忙しくて美容院に行けない場合は、市販の白髪染め用品を活用するのも一つの手です。白髪が気になり始めたタイミングで、いつでも白髪染めができるようになります。こまめに美容院に行くのが難しいときは、自分で染めるセルフカラーもぜひお試しください。

シエロ

ロゴ:シエロ

シエロ 編集部

この監修者のHPはこちら

自分に合った商品を診断!

Way of selection

あなたのキレイをお手伝い!オススメ診断であなたにピッタリなシエロ商品を見つけてください。

診断をはじめる

この記事を読んだ人におすすめの商品

シエロ カラートリートメント 高密着ナノカラー処方採用!!“たった1回で驚きの染まり”

シエロ ヘアカラークリーム 気になる根元や生え際も混ぜないカンタンしっかり染まる

シエロ ムースカラー 簡単ワンプッシュで「全体染め」も「部分染め」も1本で対応!

ONLINE SHOP オンラインショップ

シエロは、下記のオンラインショップでも
お求めいただけます。