白髪はいつから染める?ヘアカラー剤を使った白髪染めの準備と手順

白髪が生え始めるタイミングは人によって異なります。だからこそ、「白髪はいつから染めるべき?」と迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そういった場合、白髪染めを始める一般的なタイミングを確かめて参考にすることも一つの方法です。本記事では、白髪を染め始める時期や頻度、白髪染めの種類、ヘアカラー剤を使った白髪染めの方法などをご紹介します。白髪染めをいつ始めるか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

白髪染めはいつから染める?適切なタイミング

一般的に、白髪はいつから染め始めるものなのでしょうか。まずは、白髪染めをスタートするタイミングや、年齢の目安を見ていきましょう。

白髪染めを始めるタイミング

白髪が生え始める時期は人によって異なります。そのため、「○○歳から白髪染めをするべき!」という具体的なタイミングは、基本的にはないといえるでしょう。日常生活を送る中で白髪が気になりだしたときが、白髪染めを始める時期です。特に、髪の生え際や分け目などに白髪が生えてくると目立ちやすいため、こうしたタイミングで白髪染めを検討する方が多くなります。

白髪生え始める平均年齢は男女ともに35歳過ぎ

白髪が生え出す平均年齢は、男女ともに35歳を過ぎてからといわれています。個人差はあるものの、実際に30代後半から白髪を気にし始めるケースは少なくありません。

白髪が生え始めるのは、「色素細胞」や「色素幹細胞」の働きが衰えたり、停止したりすることが原因といわれています。毛根で作られたばかりの髪の毛は白髪で、「色素細胞」が作り出すメラニン色素によって色がつけられます。この色素細胞や、色素細胞を生み出す「色素幹細胞」は、加齢によって機能低下したり、枯渇したりすると考えられています。ほかにも、ストレスや生活環境など、さまざまな要因で白髪が生え始めるといわれています。

最初は一部だけしか生えていない白髪も、徐々に範囲が広がっていく傾向にあります。白髪が気になるようになったら、白髪染めによる対処も検討してみましょう。

【参考】「白髪は何歳から生える?平均年齢は?男女差はある?

白髪染めの頻度と種類

白髪染めはどの程度の間隔で行うと良いのでしょうか。こちらでは、年代別の白髪染め頻度の目安や、白髪染めの主な種類をご紹介します。

白髪染めの頻度

白髪染めの頻度は人によって異なりますが、基本的には1か月~2か月に1回がおすすめです。適した頻度は白髪の量によっても変わってきます。たとえば、30代は白髪がそれほど生えておらず、あまり目立たないという人も多いでしょう。白髪が少ない場合、3か月~4か月に1回の白髪染めでも問題ないことがあります。白髪が増えてきたら少しずつ頻度を増やし、1か月~2か月に1回程度で白髪染めすると良いでしょう。

白髪の量が多くなりやすい40代前半の方は、1か月半~2か月に1回で白髪染めをするパターンが多くなります。40代後半になり、白髪が増えてきてからは1か月に1回の白髪染めを行う人も見られます。50代以降も1か月に1回を目安に行うと、白髪が目立ちにくくなるでしょう。

白髪染めの主な種類

白髪染めには、主に「ヘアカラー」「ヘアマニキュア」「カラートリートメント」などの種類があります。それぞれ異なる特徴を持つため、ご自身に合うものを選択しましょう。

白髪用ヘアカラー

白髪用ヘアカラーは髪の内部にまで染料が入るため、一度でしっかりと白髪を染められます。毎日のシャンプーでも色落ちしにくく、髪色が2~3か月ほど持つことが魅力です。カラーバリエーションが豊富なので、明るい色味の商品を選ぶこともできます。

また、白髪用ヘアカラーにはテクスチャーの違いがあり、クリームタイプ・乳液タイプ・泡タイプなどの種類があります。部分染めしやすいのはクリームタイプ、全体染めしやすいのは乳液タイプや泡タイプです。用途に応じて使い分けましょう。たとえば、簡単に使える泡タイプで全体を染め、生え際や分け目などの白髪が気になってきたらクリームタイプでリタッチするといった使い方もできます。

シエロ ヘアカラークリーム

ヘアマニキュア

ヘアマニキュアは髪の表面近くのやや内側に染料が入ります。髪や頭皮への負担が少なく、かぶれにくいことがメリットです。髪の色を補ってコーティングし、ツヤのある仕上がりを叶えられるのも嬉しいポイントです。色持ちは約3週間で、次第に退色していきます。次、ヘアカラーするまでのつなぎとしても活用できるでしょう。ただし、地肌についてしまうと落ちにくいため、セルフで白髪染めをするときは十分に注意が必要です。

カラートリートメント

カラートリートメントやカラーリンスは、髪の表面近くを染めるタイプの白髪染めです。ご自宅のお風呂で気軽に白髪ケアを行えます。一気に染めるのではなく、何度か使うことで徐々に髪を染められます。「髪色をいきなり変えたくない」「少しずつ自然に染めていきたい」という人におすすめです。髪や頭皮に負担をかけずに使えます。

シエロ カラートリートメント

ヘアカラー剤を使った白髪染めの手順

「セルフでの白髪染めは失敗しないか不安……」と思う方も多いのではないでしょうか。最近では、ご自宅でも手軽に使える白髪染め用品が登場しています。白髪が気になり始めたら、ぜひセルフでの白髪染めに挑戦してみましょう。ここでは、ヘアカラー剤を使って白髪染めするときに準備したいアイテムや、基本的な手順をご紹介します。

用意する物

*前開きの服
*化粧ケープまたはタオル
*水をはじくクリーム類(ワセリンやコールドクリーム)
*新聞紙またはレジャーシート(ビニールシート)
*使い捨ての手袋
*輪ゴム
*鏡
*ティッシュペーパー
*時計
*シャンプー、コンディショナー
*ヘアクリップ(ダックカール) など

白髪染めをするときは、服や部屋が汚れてしまわないように対策を行いましょう。床や洗面台には新聞紙などを敷き、化粧ケープやタオルなどで服をカバーすることがおすすめです。万が一に備え、前開きの服は汚れても良いものを着用しましょう。肌にできるだけヘアカラー剤が付着しないよう、水をはじくワセリンなどを生え際に塗っておくこともポイントです。手袋は使い捨てのものが便利です。白髪染めの途中で外れないよう、必要に応じて輪ゴムで留めておくと良いでしょう。

また、見えにくい頭頂部や後頭部などを染めるときは鏡を使ってチェックし、ムラのないようにしっかりと染めていきます。ヘアクリップを活用して髪をブロッキングすると、さらに染め残しを減らせるでしょう。放置時間を守るために時計やアラームを準備しておくことも大切です。ヘアカラー剤が垂れてきたらサッと拭き取れるよう、ティッシュも側に置いておきましょう。

白髪染めが終わった後はヘアカラー剤を洗い流し、シャンプーとコンディショナーで仕上げます。髪へのダメージを考えた成分が配合されているカラーケア用商品を準備しておくことがおすすめです。

白髪染めの手順

人によっては、白髪用ヘアカラーの使用によってアレルギー性接触皮膚炎(アレルギー性のかぶれ)が起こってしまうことがあります。染め始める前に必ずパッチテストを行いましょう。具体的な手順は以下の通りです。

1. パッチテスト用の混合液を作る
2. 腕の内側に塗る
3. 30分後と48時間後に塗った部位を観察する
4. 異常がなければ白髪染めを行う

パッチテスト用の混合液の作り方は製品によって異なります。説明書をしっかりと読んで作りましょう。混合液を綿棒にとって腕の内側に塗布したら、自然乾燥させて放置します。30分後と48時間後に状態を確認しますが、それ以前に異常が出たらすぐにテストをやめて洗い流しましょう。

パッチテストで問題がなければ白髪染めを行えます。以下が白髪染めの大まかな流れです。

1. 混合液を作る
2. 髪に塗る
3. 一定時間、放置する
4. 洗い流す

細かい手順は製品ごとに違うため、説明書をよく読んでおきましょう。混合液を作って髪に塗り終えたら、そのまま放置します。放置時間は白髪染め用品によって異なるため確認しておきましょう。決められた時間が過ぎたら洗い流します。髪を傷めないために、カラーケア用のシャンプー・コンディショナーを活用しましょう。

白髪が目立ち始めたら白髪染めを使って対策しましょう!

白髪染めを始めるタイミングや、主な白髪染めの種類、ヘアカラー剤を使った白髪染めの手順などをご紹介しました。白髪染めをいつから始めるかは人によって違いますが、一般的には35歳以上から白髪が気になり始める人が多いようです。白髪が目立つことに悩み始めたら、白髪染め用品を使って染めることがおすすめです。今回ご紹介した方法も参考にしながら、ご自宅での白髪染めにチャレンジしてみましょう。

シエロ

ロゴ:シエロ

シエロ 編集部

この監修者のHPはこちら

自分に合った商品を診断!

Way of selection

あなたのキレイをお手伝い!オススメ診断であなたにピッタリなシエロ商品を見つけてください。

診断をはじめる

この記事を読んだ人におすすめの商品

シエロ カラートリートメント 高密着ナノカラー処方採用!!“たった1回で驚きの染まり”

シエロ ヘアカラークリーム 気になる根元や生え際も混ぜないカンタンしっかり染まる

シエロ ムースカラー 簡単ワンプッシュで「全体染め」も「部分染め」も1本で対応!

ONLINE SHOP オンラインショップ

シエロは、下記のオンラインショップでも
お求めいただけます。